1000万円前後の収入なら

FXでの年間所得が1000万円を超えている場合の確定申告はどうなるのか?についての解説。

1000万円を超えた場合

FXでの収入が超えた場合、税務署のチェックには充分注意してください。うっかりの申告ミスが重加算税として笑ってすまないほどの金額となってしまいます。

手順としては今までと変わりはありませんが、所得の税金を確認をする作業をします。
 
会社員=源泉徴収表、または目安として自分の給料から2割程度引いた金額。
フリー=基礎控除38万+国民年金16万+健康保険○万を利益から引きます

これを計算して900万円の利益がでる人が対象となります。

これだけの利益が出る人には法人化するのをお薦めします。
理由は法人化であれば一律30%の税金で抑えることが可能だからです。
仮に個人で税金を納める場合では、43%の徴収となりますから実に13%もの節税となります。

法人化も設立するだけなら今では1円から株式会社を設立できるようになっています(実際には諸経費などで30万円前後はかかりますが)今後もFXで稼いでいくつもりなら先行投資として30万円ほどかけて法人化するのもひとつの節税方法といえるでしょう。

株式会社を作るのはちょっと。。という方は合資会社という方法もあります。設立資金も株式会社よりも小額ですみ顧問税理士なども必要ありません。

最新ニュース

続きを読む