FXとは

短期間、小額からスタートすることが出来るFXとは一体どのような投資方法なのでしょうか?FXは、「外国為替証拠金取引」と呼ばれており、一般の人たちが利用するきっかけとなったのは1998年に改正された、「外国為替および外国貿易法」から一般の人達も市場への参加が活発となりました。

証拠金を預けることで取引可能

証拠金とはFXを取り扱う業者(例:FXCMジャパンなど)へ取引開始時に預ける資金の事を指します。この証拠金を元手に何十倍もの取引を行うことで利益を上げる方達が急増し、ここ数年で急激に取引をする利用者が増えています。

書店やインターネットでもFXに関する情報を目にする機会も多くなり、主婦、会社員、学生と年齢を問わずに莫大な利益をあげた人達も出現するほどです。

証拠金を使った取引方法の流れは下記のようになっています。

証拠金について

FXの特徴は小額の証拠金でも何十倍の金額の取引を行えることです。図を参考に説明すると。

:外貨預金で150万円の取引を行う場合、1ドル115円(仮定)として1万ドルの取引をする場合に115万円の支払いを行いドルを買う必要があります。

つまり、自分の手持ち資金範囲内での取引が原則という事です。

:FXの場合、証拠金として5万円を取引業者へ預け、預け金は担保として保管されます。1ドル115円(仮定)として1万ドルの取引をする場合にには取引業者より115万円を借りて取引を行うという形です。

FXは小額の証拠金で何十倍もの取引額を扱うことが可能

ただし、注意したいのは通貨価値は日々、変動します。1ドル115円で購入したドルが翌日には114円に落ちた場合、その差額は証拠金(取引業者への預け金)から補填されます。証拠金も取引業者によって最低金額が決められており、最低証拠金が5万円と設定されている取引業者を利用する場合には、証拠金5万円を割ってしまうと取引が決済され損失が確定してしまいます。

前日に1ドル115円で1万ドル購入=115万円。
翌日、1ドル110円にドルが下落すると評価額は110万円となります。5万円の価値が落ちたので証拠金5万円から差額として5万円引かれると証拠金はゼロとなり決済となるわけです。

115万円-110万円=5万円(差額)
証拠金5万円-差額5万円=0円、最低証拠金5万円がなくなったので取引終了

となります。売り、買いという言葉耳にする機会がありますが、参考説明では買いになり、逆に手持ちの外貨を売って差額を得る方法もFXでは可能です。

最新ニュース