FXのリスクについて

多くのFX長者を生み出していることから今後、ますます参加する人達が予想されるFXですが、その反面、FXを行った事で財産を失ったり、負債を背負ってしまった人達も多数存在しています。FXのリスクについて解説します。

FXのリスクについて

FXに参加する上で肝に銘じておいて欲しいのが以下の4つのポイントです。


  • 値動きのリスク
  • 流動性のリスク
  • システムのリスク
  • 信用リスク

  • FXのリスクとは


    まず、最初の値動きのリスクについてですが、FXは元本や収益が保障された取引ではありません。少ない金額で大きな金額の取引可能なのがFXの魅力ですが、値動きによる差損益やスワップポイントの受払い金額は取引金額によって決まり取引金額が大きくなれば利益も倍増される期待ができますが、予想取引を下回った場合には差額分を自分で支払わなければならないというリスクが発生します。最初に設定する証拠金を割った時点で強制的に取引停止になりますので停止以降は損益はでませんが停止前の状態の損分については支払い義務が発生します。

    ハイリスク・ハイリターンな取引である事を認識しておいてください。


    二番目は国際政治などの問題によって取引が出来なくなることを指します。


    三番目はFXは主にインターネットを利用して取引する利用者が大半なのでシステムに障害が起きた場合、ネット回線に問題がおき回線に繋がらない状態となった場合、取引業者のサーバー停止などのトラブルによって取引ができないなどのリスクがあるという事です。


    四番目は取引業者の会社経営の悪化、業務停止、倒産などによって取引が停止されてしまうリスクです。1998年に誕生したFXですが、当時は基盤も怪しい脆弱な業者も存在し、倒産、詐欺行為などで多くの利用者が迷惑をうけた事実があります。

    現在は2005年7月の改正金融先物取引法の施行により、取引業者にも5000万円の最低資本金や自己資本金規制比率など定められており、基盤の脆弱な業者は参加できないようになっています。ただし今後も倒産がおこる可能性は常にありますから利用する取引業者の選定には充分時間をかけてから選ぶようにしてください。

    最新ニュース