申告分離納課税

申告分離納課税とはどんな税金?申告分離課税についての解説

申告分離課税について

申告分離課税とは、株式などで得た利益は、給与や不動産、株式の配当金などの所得と分離して課税される。分離して申告することから申告分離課税といわれています。

年間を通じて利益を得ると、確定申告をしなくてはいけない。確定申告は1月から12月までの損益を通算しておこなう事になっています。

売却時には、証券会社に本人確認書類を提出することが必要となっており。1回の売却代金が30万円超の場合、証券会社から税務署に支払調書が提出される。(つまり多額の取引で利益を出していれば税務署でチェックできるようになっているという事です)

算出方法

:年間の損益合計×税率(所得税+住民税)


申告分離税・表1

申告分離税・表2

最新ニュース