源泉分離課税

源泉分離課税をわかりやすく理解するのに身近なものとしては毎月もらう給与明細書を見ると理解できます。給与明細では必ず源泉徴収されているはずです。源泉分離課税も基本的には同じことです。

源泉分離課税について

源泉分離課税は、上場株式等の売却益の際、株式売却時に売却代金の1.05%が天引きされて、所得税の納税がすべて完了するという制度のことを指します。

株式売却時に売却額から証券会社が天引きして納税するため、税務署にて確定申告を行なう必要がなく便利な制度であった。

現在では残念ながら源泉分離課税の制度は、平成14年をもって廃止され、現在は申告分離課税が一律に適用されることになっている。

この源泉分離課税における税率1.05%とは、売却益を売却代金の5.25%とみなして、それに所得税率20%を乗じたものです。このように源泉分離課税では、売却益がどれだけ大きくても、売却額の1.05%で納税が完了するというメリットがありました。

FXで申告するにはくりっく365を利用した方式がお勧めです。なにしろ20%の一律となっているので利益の大きい人にとっては有利なのは間違いないでしょう。

最新ニュース