課税漏れとは?

課税漏れとは、本来収めるべきである税金額とは違い過少申告した税金に対して正当な税金分の差額のことを指します。多くの人が脱税と課税漏れを一緒に考えてしまいやすいですが脱税と、課税漏れでは対処方法が違ってきます。

脱税と課税漏れの違い


脱税=犯罪
課税=申告ミス


こう考えると分かりやすいでしょう。脱税は明らかに税金を低く納めるために行われた悪質な行為に対して国税局が調査に入り、「仮想隠蔽」があったかを判断して決めるものです。

対して、課税漏れは、申告ミスであり、追微税が加算されますが、あくまでも「ミス」として処理されます。つまり犯罪行為ではないという事です。

上記二つとも、本来収めるべき税金を納めていないという点では同じなのですが、違いとしてはワザと所得を低くしたり、税金を意図して逃れたなどの「仮想隠蔽」があったか?に焦点があたります。

脱税とみなされると「重加算税」が課せられる重い処罰が待っています。

脱税と課税漏れの違い

最新ニュース