30万円~50万円の収入の場合

FXでの年間利益が30万円から50万円の場合では、確定申告はどのようにすればいいのか?について解説します。

年間の利益が30万~50万程度


FXの所得を確定する方法


会社員の場合=FXの利益-FXをするにあたりかかる経費全てを含む
フリーの場合=FXの利益-(FX経費+基礎控除38万+社会保険料)


はっきり言って申告しなくても構わないでしょう。特に会社員として働いている方は給与に合算しないでも大丈夫の可能性もあります。

FXは20万円までなら無税!なのです。

利益が30万円としても、30万円を得るために年間でかかった経費などを計算すると簡単に10万円分ほどの経費はかかることに気が付くことでしょう。

例えば

通信費が一月3,000円として3,000円×12ヶ月=36,000円
FXのセミナーに参加した場合にセミナー2回参加×10,000円(1回の参加料)=20,000円
FXに関連する情報教材や参考書など購入で年間5万円の出費はかかるとして


36,000+20,000+50,000=106,000円の諸経費がかかっている


上記のようにFXに関して出費したものを領収書などと一緒にノートにつけておき税務署から問い合わせ受けたときに証拠としてみせる事ができれば問題なく対応してもらえます。

30万円ー10万円(諸経費)=20万円となります。

先ほど説明したようにFXは20万円までなら無税ですから、この場合では申告する必要がありません。

最新ニュース