税務上のメリットは?

くりっく365を使った税務上のメリットはどこにあるの?そんな疑問について解説。くりっく365は申告分離課税として一律20%(所得税15%+住民税5%)の税率で課税されます。これは利益に対して常に20%の課税となるので利益が大きい人ほど節税となります。

くりっく365への優遇措置

くりっく365だけ優遇される措置とは、株価指数先物取引、商品先物取引などに代表される、他の取引所の先物取引と損益通算も可能です。

また、確定申告をした年に控除し切れなかった損失についても、翌年から3年間にわたり繰越控除を受けることが可能となります。これらはくりっく365だけの優遇措置となっています。

損益通算とは、他の先物取引所との損益を計上できることを言います。取引所毎に取り扱う商品が違うので確認は必要となりますが、代表的なものとして金、砂糖などの先物取引や有価証券取引などが挙げられます。

繰越控除は、くりっく365で生じた「損失」の金額のうち、当該年度に控除しきれない損失については翌年以後3年間で、申告分離課税となる先物取引に係る雑所得等の金額から繰越控除が可能となる措置です。

注意事項として覚えて欲しい点は、損失の繰越控除を受けるためには1年間の取引が損失であっても、毎年連続して確定申告する必要があるという点です。

くりっく365について

最新ニュース