外国為替とは?

FXと共に必ず紹介される「外国為替」、そもそも外国為替とは何なの?
そんな疑問を持っている人も多い事でしょう。為替=通貨と考えると分かりやすいですw。
日本=円、アメリカ=ドル、ヨーロッパ=ユーロという風に各国によって通貨が違います。

外国為替は通貨の交換

各国によって異なる通貨を交換(両替)することを、「外国為替取引」と呼びます。当然、各通貨によって価値に差があります。

1ドル=115円、1ユーロ=105円など

このレートを決める市場を「外国為替市場」と呼び、通貨交換は企業間での取引に限らず、海外旅行や個人での交換取引が行われています。

外国為替市場は24時間稼動となっており、月曜日から金曜日まで取引が可能となっています、。さらに取引業者もインターネットを使ったサービスを展開しているのでインターネットに接続できる環境であれば世界中のどこからでも取引を行えるようになっています。

円高と円安の仕組みについて

日ごろTVニュースで耳にする、「円安、円高」とは何のことを言ってるのか?実は円安、円高は為替取引のことを指しており、いかに通貨価値の変動がめまぐるしいかを証明する一つといえます。

勘違いされやすいのは、「1ドル114円だったのが翌日に1ドル115円の円安」と聞いた場合に、円安という言葉から価値が下がったと判断されがちですが実際はその逆となります。

また、「前日終値が115円が翌日114円で取引終了」した場合には円高と言います。図で簡単に説明を加えているので参考にしてみてください。

円高と円安の仕組みとは?

最新ニュース

続きを読む